職場にヘビースモーカーの男性社員がいます。先日、久しぶりに仕事以外の話をする機会があったのですが、その際に禁煙を続けていると教えてくれました。もうすぐお子さんが生まれるため、タバコを止めようと決心したんだそうです。ちなみに、同僚は禁煙をする際に、VAPEを活用していると言っていました。電子タバコは今注目されていて、禁煙したいと考える人たちの間で人気があるんだそうです。VAPEを実際に利用してみた感想を尋ねてみると、ニコチンは入っていないけれど、タバコを吸った感覚になれるので、禁煙が続けやすいと教えてくれました。しかも、メンソールやレッドブルなど、たくさんの種類が販売されているため、好みに合わせて利用することができるんだそうです。数種類用意しておけば、その日の気分に合わせて利用できるうえ、飽きずに続けられるのではないかと感じました。友人の中に禁煙したいと言っていた女性がいるので、同僚の話を聞いていたら、彼女にもVAPEを教えてあげたくなりました。

VAPEで禁煙に挑戦してみよう。

日本では、ニコチン入りのリキッドの販売が、薬事法で禁止されていますが、ニコチンが含まれていないリキッドのほうが「おいしい」ので、禁煙の補助器具として利用する以外は、ニコチン入りのリキッドを購入する必要はありません。また、VAPEで水蒸気にしてニコチンを吸い込んでも、摂取される量は、タバコに比べて微量です。禁煙の第一歩であるニコチン依存から脱するには、ニコチンパッチやガムのほうがずっと効果的です。VAPEは、「口さびしい」「メンソール感が欲しい」といった習慣的・心理的な要因を大幅にやわらげてくれます。リキッドの種類には、たばこに近い味もありますが、清涼飲料水・フルーツ・ガム・コーヒー・ブランデーなど、さまざまな風味を楽しめますので、タバコを忘れて夢中になっているうちに、ニコチンの禁断症状から脱けだせるでしょう。香水の邪魔になる香りは、一部のリキッドを除くとありませんので、女性も安心して楽しめます。カスタードクリームなど、濃厚な甘みを再現したリキッドには、香りが残りやすいものがありますが、大半のリキッドは、洋服ににおいが残ることはありません。

今、VAPEは、ものすごい勢いで進化中です

「電子タバコ」と聞いて一般の人が想像するのは、新聞などに広告が掲載されている「タバコの形をしている禁煙パイポ」です。煙が出なくなるとカートリッジを交換します。風味の種類も少なく、おいしくありません。安価な禁煙パイポを使うくらいなら、おいしいガムやアメのほうが良さそうですし、「タバコへの未練」が感じられて恥ずかしいです。欧米や日本の愛好家に親しまれているVAPEとは、まったく別物です。安価なVAPEでも本体だけで4、000円以上しますし、リキッドとコイル交換で、毎月3、000円程度の費用がかかります。本格的なVAPEは、もはやタバコとはかけ離れたものになってきていますし、愛好家たちもタバコを再現したいなどと思っていません。まったく新しい文化を作り上げていますし、電子タバコの本体の形も、タバコとは違うものになってきていますし、最近のVAPEは、タバコとは比べ物にならないほど大量のヴェイパー(蒸気)ができます。安価な電子タバコで知った気になっていると、あとで大恥をかくことになりますので、ご注意ください。

発がん性物質を含まないので健康は気になるけど禁煙出来ない方にもおすすめ。 「VAPE」とは電子タバコのことです。 水蒸気をふかして煙を出すのでタバコを吸っているような気分が味わえます。 各ブランドがいろいろなデザインで商品を出しているので、好みの電子タバコが必ず見つかります! 髪や洋服にタバコのニオイがつかないので、女性の利用者も増えています。 日本では、煙が多い爆煙タイプが人気を集めています。 VAPEのコラムも更新中です