無理せず禁煙を実践するのに最適なVAPE

嗜好品の中でも喫煙というのは習慣をやめることが難しいものの一つです。いざやめようと思っても、長い間に渡って身体に染み付いた感覚というものは、簡単になくなるものではありません。禁煙に向かう意志が強い間は継続できたとしても、ふと気が緩んだときに気が付くと、煙草を手にしていたというような経験は、禁煙に挑戦されたことがある方であれば、誰でも持っていることでしょう。長期間で身についた煙草を吸うという習慣は、止める場合にもやはりそれなりの期間が必要になってきます。VAPEは、まさにそれを実現するための最適な方法です。煙草を電子煙草に持ち替えて禁煙を始めれば、それまでの習慣がいきなり大きく変わることもないため、ストレスを感じることなく徐々に禁煙を進めていくことができます。現在では非常に多くの種類の電子煙草が販売されていますので、自分の好みにあったものを使って禁煙してみると良いでしょう。

煙草より楽しめる電子煙草VAPE

VAPEというのは、蒸発器を意味するVAPORIZERの略称で、いわゆる電子タバコの呼称です。構造的には、タンク部分に入ったアロマリキッドを少しずつ電熱線で蒸発させて、タバコのようにして吸うというもの。最初は禁煙グッズとして登場し、現在でもその目的で購入する人も非常に多いようです。実際、禁煙の方法としては非常に優秀であり、喫煙者にとってはこれまでのように普通にタバコを吸うという行動を変えることなく、徐々にタバコの喫煙習慣から離れていくことができるようになるもの。しかし、最近では電子タバコを禁煙のためではなく、アロマやフレーバーを楽しむ電子タバコそのものを楽しむという利用方法が、特に若い人達を中心に広がってきています。現在では、様々な種類の電子煙草と、バラエティに富んだ豊富なアロマリキッドが販売されています。

VAPEの禁煙効果についての科学研究

VAPEの害や効果は、さまざまな国で研究が行われてきました。電子タバコに関する国際調査では、喫煙への欲求や禁断症状を和らげるのに、電子タバコが役立ったと答えた人は、全体の72%でした。また92%の人は、電子タバコを吸ってる時の方がタバコの量が減ると答えています。電子タバコを吸ってるときに、紙巻きタバコを吸いたいと感じた人は、たったの10%でした。禁煙に成功した人のうち、96%の人は、電子タバコが役立ったと答えています。タバコを吸い続けている人(やめる意志のない人)においても、リキッド中のニコチンの有無にかかわらず、電子タバコの使用により、タバコの量は大幅に減り、禁煙中の禁断症状に耐える力が生まれたと答え、特に大きな副作用が起こった事例はありませんでした。こうした科学的な研究が、積み重ねられてきた結果、VAPEの禁煙効果が非常に高いものであると認められています。実は、ニコチンガムやニコチンパッドによる禁煙効果は、ほとんど無いと結論付けている科学研究もありますが、初期段階でニコチンガムやニコチンパッチを利用しながらノンニコチンのVAPEを使った方の成功率がとても高いことを示した調査結果もあります。欧米での人気は、日本とは比べ物にならないほど高い為、各国の研究機関は、とても詳細に調査をしており、研究論文がたくさんありますが、明確に害があると結論付けた論文はありません。