VAPEの依存性について

タバコの依存性の原因は、ニコチンです。VAPEも、ニコチン入りのリキッドを使うと依存性が生まれます。タバコが切れてしまった時、イライラがおさまりませんが、ニコチンなしのリキッドを吸っている場合、バッテリー切れ・コイル切れ・リキッド切れによって、一時的に吸えなくなった時、イライラがおさまらないといったことはありません。日本で販売されているニコチンなしのリキッドには、強い依存性はみられませんので、VAPEをやめることには、禁煙ほどの困難は生じません。個人で輸入をすれば、ニコチン入りリキッドを購入できますが、実は、あまり意味がないと言われています。リキッドが、水蒸気に変化したときに、大半のニコチンが飛んでしまうため、あまり体内に吸収されません。愛好家の中にニコチンを自分で配合する方もいらっしゃいますが、摂取量を間違えると死に至る毒薬ですので、専門的な知識や厳格な管理が必要です。禁煙を目的とする場合、ニコチンガムやパッチの併用をお勧めします。ニコチンは、我慢をすれば1週間程度、ニコチンガムなどを使うと1カ月から3カ月程度で、体内から抜けてイライラが和らぎますが、ニコチン入りのリキッドを併用すると、VAPEのチェーンスモーカーになってしまいますので、注意が必要です。

VAPEは害の少ない電子タバコ

VAPEというのは、電子タバコの一種になります。電子タバコは通常のタバコに比べて人体に害を及ぼしにくいのが魅力です。ニコチンやタールが最小限か、もしくはまったく入っていないものも選べます。カートリッジを交換するだけで味を変更できるのも素晴らしい点でしょう。煙は出ますが、副流煙のように他人に害を及ぼすものではありませんし、禁煙ゾーンでも吸うことができます。街中で吸っていると条例に引っかかってしまう可能性もありますが、基本タバコと同じものではありませんから、大丈夫な場合もあります。部屋が汚れないので、賃貸マンションの部屋に住んでいる場合も換気扇の下やベランダに行く必要はありません。そして、おしゃれアイテムとしても使える点が注目されている理由の一つです。タバコは迷惑がられますが、VAPEは面白いと言ってもらえるケースが多いです。

VAPEの依存性について

ここでは「依存性」について理解を深めてみましょう。依存とは、「繰り返し使うことによって、健康的な生活を害すること、また害を分かっていてもやめられないこと」を指します。大金持ちのご老人が、毎日、パチンコ店に通っていても「依存」とは言えません。国内で販売されているリキッドには、ニコチンが含まれていませんので、タバコと同様の依存は起こりません。煙を大量に出しチェーンスモークを行えば、リキッドや交換コイル費用がかさみますので、生活を害する出費になる方もいらっしゃるでしょう。こうなると「依存」です。「VAPEの風味が、あまりにもおいしい」ので、お気に入りのリキッドが決まるまでは、たくさんの風味を購入し過ぎてしまったりするかもしれません。費用的な問題が起こり、一時的にVAPEをやめても、タバコのような禁断症状は、まったく起こりません。お菓子が大好きな方が、3時のオヤツを我慢したからといって、タバコの禁断症状のようなイライラは起こらないのと同じです。リキッドや交換コイルを切らしてしまった時に、購入までの数日間、イライラがとまらなかったといった経験をしたことがありません。健康被害はありませんので、特にやめる必要もありませんし、むしろ間食が大幅に減ることによって、メタボリックシンドロームや糖尿病予防には、貢献するでしょう。食を制限することによって健康を取り戻したい方にも、ぜひお勧めしたいのがVAPEです。